ソフトクリームとアイスクリームの違い!?知っトク情報

広告リンク
スポンサーリンク

<script data-ad-client=”ca-pub-2773487789888933″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

アイスクリーム

 

「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」って美味しいですよね。

高速道路のサービスエリア・パーキングエリアでの
物販ランキングの売り上げベスト3には、入っている「ソフトクリーム」。

(北海道 メロンソフトクリーム)
「ご当地ソフトクリーム」などなど
そんな
「ソフトクリーム」と「アイスクリーム」の違い。
「ソフトクリーム」の美味しさのヒミツについて、知っトクしていきましょう。

ソフトクリームとアイスクリームの違い

ソフトクリーム

出来たてのアイスクリームの事です。

アイスクリームの中に含まれている氷の結晶が少なく、小さいです。

食べた食感は、
「なめらかで、口当たりがいい。」
「出来たてのフレッシュ感。」
が大きな特徴です。

作り方

 

機械などで撹拌(かくはん)したクリームを、-5℃~-7℃程度で冷やし固めた物を、そのまま食べます。

ソフトクリームという名前

ソフトクリームは和製英語で、日本で名付けられた名前です。
海外では、ソフトクリームと注文しても通じないのでご注意ください。
柔らかいクリームの意味で、ハンドクリームなどと間違えられますよ。

英語でいうと、「soft serve ice cream」(ソフトサーブ アイスクリーム)になります。

アイスクリーム

作り方

製造後、やわらかいクリーム状のまま容器に詰めて、-30℃以下で急速冷凍されます。

販売・保管時の温度

保管や運搬時の温度は、-25℃~-30℃

販売時は、-18℃以下

温度差

「ソフトクリームは、約-5℃~-7℃」
「アイスクリームは、約-18℃」

この温度で食べるのに、ちょうど良い美味しさに仕上げています。

4種類に分かれる

「アイスクリーム」・「アイスミルク」・「ラクトアイス」・「氷菓」の4種類に分かれます。

■ソフトクリームの分類
区 分 種類別名称 乳固形分 うち乳脂肪分
アイスクリーム類 アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上
ラクトアイス 3.0%以上
一般食品 氷 菓 上記以外

 

4種類それぞれの特徴

アイスクリーム

乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれていてコクがあります。

アイスミルク

乳固形分と乳脂肪分は、アイスクリームより少なく、牛乳と同じくらいの栄養分を含んでいます。

ラクトアイス

乳固形分は、アイスミルクよりさらに少なく、脂肪分は、植物脂肪が多く使われています。
あっさりとした味わいになります。

氷菓

乳固形分3%未満の物は、シャーベット状でアイスクリーム類ではなく、氷菓として規定分類されています。

美味しさのヒミツ

ソフトクリームの美味しさには、コクや独特のなめらかさ・口当たりや食感にあります。

クリームの主原料は、牛乳や乳製品ですが乳脂肪分の割合を増やすと、口溶けが悪くなります。
「コク」の素になる生クリームやバターなど乳脂肪分は、冷やすと固まります。
クリームの栄養成分のなかに、タンパク質・カルシウム・マグネシウムなどが含まれています。
これらは、クリームの組織を「なめらか」にする働きがあります。

ソフトクリームは、機械などで撹拌(かくはん)しながら冷やし固めてできます。
この時、一定量の空気が含まれて、きめ細かな舌触りのソフトクリームとなります。
通常は、空気の保有量が40%前後となっています。
40%より多くなっていくと、フワフワな食感になり、
少なくなっていくと、しっかりしたシャリシャリ感のある食感になります。

濃厚なコクを追求して「プレミア」や「クレミヤ」などの商品もあります。

まとめ

ソフトクリームやアイスクリームって美味しいですよね!!

私は、大好きです!!

色々なお店で、独自なソフトクリームがあります。
乳脂肪分の多さ、空気の保有量など特徴をだして、
お店独自のオリジナルを売っていますので、
食べ比べて、どこのお店のが美味しかったか
教えて下さいね。

教えてもらったお店に出没するかもです!!


料理の豆知識ランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました